« 2006年5月 | HOME | 2006年7月 »

2006年6月 4日

羊の毛刈り

いずみの学校関係者で羊の毛刈りをするとの聞き、飛び込みで参加。シュタイナー教育は、体験や過程が重要視されるので、羊毛を入手するためには、羊の毛を刈るところから・・・(いや、本来は、羊を飼うことからするべきかもしれないが)、小学校低学年で体験させるそうな。今回は授業ではなく、父兄の羊毛手づくりの一貫として、毛刈りからするということらしい。(ターシャ・テューダーの会の一貫?)


羊は毛を刈ってやらないと暑くて弱って死んでしまうようなので、刈らなければならない。天然の羊毛が入手することが本来の目的では、ない様子。お母さん羊が毛を刈られるため押さえつけられる。

野生の羊は、どうするんだろうと思ったが、刈れば刈るほど伸びるらしいので、家畜化した結果のようだ。


子羊は危ないので引き離され


鋭利な専用のはさみ登場


ざくざく、羊を飼っている方は手馴れた感じで刈っていきます。実際すると、どこまでが皮膚なのか毛なのか分からず、皮膚を切りそうになる不安があり、慣れるまで勇気がいる。


顔のまわりも小さなはさみで、恐る恐る参加者が刈ります。


参加者も大きなはさみで切ります。


ほとんど終了直前。おなかに少し切ってしまった皮膚の手当ても


すべて刈り終わるまで2時間あまり。押さえつけ続けられちょっとお疲れぎみ。ようやく、子羊もお母さんと一緒に。


一頭分の羊の毛。そのままムートンになりそう。

このままだと、脂がベトベトなので、洗う工程が大変らしい。一ヶ月ぐらいラム肉が食べたくなくなるそうだ。激しく洗うと、フェルトにならないらしい。毛糸にするには、洗う→梳く→紡ぐという工程がある。

ほとんど、私自身は、刈ることをせず・・・。見ていた。見ながら、昨日、農業講座で分からなかった、動物と太陽の関係について考えていた。

刈り終わり、みんなでお弁当をたべたら、息子が帰りたいとグズリだして、早々と退散することに。挨拶もろくにせず帰ってしまい、みなさんごめんなさい。(2日連続でお出かけは無謀だったか・・・)

2006年6月 3日

地球岬 ごろごろ

地球岬へ行った。行くつもりはなかったのだが行くことに。ヨメの日記参照

(この写真は去年行ったときに、撮った写真を組み合わせたもの。今回は行くつもりはなかったのでカメラを持っていかなかった。今度行ったらきれいにつながるように撮るぞ)

この海の向こうに六ヶ所再処理工場があるのか・・・とか思い、去年より空気は悪くなっているのかなとか・・・

駐車場と展望台の間に、伸びた芝生の広いスペースがあり、タンポポが群生していた。

展望台には興味がない私は、その芝生にごろんっと寝ころがる。

日差しは強いが、風が冷たいのでじっとしているとちょっと肌寒い。寝転がると、風が当たらないので、暖かい。木陰もあるのだか、そこでは寒い。本州は暑いんだろうなあ・・・とか思いながら、目を瞑って太陽に向け大の字に・・・。

こんな気持ちいいのに、人々は、駐車場から展望台へ・・・展望台から駐車場へ・・・。それを眺める。世の中の人は忙しないなあ。私が暇人すぎるのか・・・。11時頃から13時頃まで、玄米おにぎりを食べながら、ごろごろと寝転がる。

最近のエントリー

このサイトはMovable Type で構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
Copyright(C) 2005-2010 press328.com. All Rights Reserved