HOME > BackNumber > 農業講座 > 札幌農業講座へ行く

札幌農業講座へ行く

2005-10-29〜30で岩見沢での札幌農業講座へ参加した。

伊達を朝7:30発して岩見沢まで高速を使い、9:10頃到着。10時開始には余裕だった。

ひびきの村のミカエルカレッジで天文学の講師として来ているオーストラリアのブライアン(南半球のバイオダイナミックカレンダーを作っている)が居てビックリ。ドニーさんとお友達のようでした。(そりゃそうだ。)本日、飛行機で帰るため、10時前には去っていってしまった。(英語がしゃべれないので握手だけしか出来なかった)

1日目の講義を聞き、その後、北村温泉へ行き、2日目の実習場所の狩野自然農園の狩野さん宅で夕食後泊まった。

夕食は大変豪華。狩野自然農園のヤーコンを初めとする有機の野菜はもちろん、チーズ、ブドウ、ビール(エビス・黒生・スーパドライなど全部発泡酒じゃない!)、古式の日本酒・・・(酔っ払ってそれ以上覚えてませんすみません)などの差し入れがありました。特に、チーズは、去年チーズオリンピックで金メダル受賞した共働学舎 新得農場のチーズ。参加者の中に共働学舎 新得農場の方がいらっしゃったのです。

参加者の方は、教育関係、障害者に関係する方が多くいらっしゃったのはびっくり。共働学舎新得農場も当然そうですが、他、大学教授、養護学校の校長先生・教師、そして直接は関係なくても、ワイン用のブドウを作っておられる方が、わざわざ栃木のココ・ファームで醸造しているなど(それも10-29にココ・ファームに行っていたため10-30のみ参加になったとか)バイオダイナミックは、治療・治癒教育になぜかつながるようだ。

普段お酒を飲まないので、簡単に酔っ払ってしまい、そのまま、シュラフで眠ってしまった。

そうそう、1日目・2日目のお弁当は、最近食べた弁当屋さんのもので、やはり白米の弁当はおいしかった。

2日目の実習後で、ほとんどの人が解散した後、MOAの野菜を使っている、狩野さんお勧めの喫茶店でお別れを惜しんだ最後の食事会。(狩野さんの野菜は使ってない?)

その食事会が終わると夜19:30・・・。帰りは、高速でお金を使いたくないので下道を走った。伊達には22:00に到着・・・。高速使っても30分前後しか変わらなかったのにショック。高速代4500円ぐらいしたのにー!

このサイトはMovable Type で構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
Copyright(C) 2005-2010 press328.com. All Rights Reserved